「家の修繕費用」が実はバカになりません。

おうち

 

気兼ねなく画鋲をさせる部屋、朝からお隣さんを気にせず洗濯機を回し、また隣の部屋の騒音に悩まされることもない。
そんな夢の一軒家、憧れますよね。

 

働き盛りの方なら、この“マイホーム”が一つの目標になっているなんて方も多いですよね。
私も思い切って購入したマイホームを購入したタイプです。

 

家は人生の中でも、最も大きな買い物の一つです。
だからこそ人生の節目にもなり得るのですが……買ったらハイ終了、ではありません。

 

今回は見落としがちな「家の修繕費用」についてご紹介します。

 

10年たつと120万円は最低必要?

形あるものはいつか壊れる。
そして家は、間違いなく「形があるもの」です。
そうそう壊れるようなものではないにせよ、住み続けるとなれば「手入れ」が必要となります。
それが修繕費です。

 

この修繕費、仮に10年ほど住み続けるといくらくらいかかると思いますか?

 

答えは「120万円」です。

 

「流石にそりゃいいすぎでしょ?」と思った方も、内容を見てみてください。

 

・壁紙の張り替え
・水回りのパッキン補修
・外壁塗装
・窓周りの防水打ち直し
・屋根補修
・エアコン交換……etc.

 

これなら、120万円かかってもおかしはなさそうだと気づくはずです。
さて、次は30年住み続けた場合を見ていきましょう。

 

30年だと……なんと●●●万円も・・・

10年で120万円かかった修繕費。
さらに劣化がすすむ30年だと、いくらになるのでしょうか?

 

答えは、「約500万円」です。

 

少しめまいがしてしまう額ですね。
内容は以下の通りです。

 

・雨どいの交換
・壁紙の張り替え
・畳の張り替え
・バスユニット交換
・便器交換
・バルコニー交換
・ドア交換……etc.

 

30年もたつと、このように「より大きなものの交換」が必要になってくるのですね。
これらの合計が、約500万円となっています。

 

まとめ

持ち家の修繕費、いかがでしたか?

 

「家を買うのが目標」「家は買ったら一生モノ」なんて考えていた方には、仰天な内容だったかもしれません。
このように、家は買ったら終了、そこがゴールというものではありません。
一度買ってしまったら、その後家を維持するためにさらにお金がかかるものなのです。

 

こう考えると、賃貸に住み続けるのも選択肢としてありなのではないでしょうか?

 

「結婚して家を持ってからが一人前」とはよくいわれることですが、現実ではこれらのお金もしっかりとかかってきます。
家を買うまでは家を買うために頑張って、家を買ったらそれを維持するために頑張って……これでは、ゴールのないマラソンと同じではないでしょうか?

 

夢と現実の兼ね合い次第では、賃貸住みというのも賢い選択の1つといえそうですね。

 

⇒管理人が田舎の持ち家をイエウールで査定してみました。